今日は上司と王禅寺へ釣行しました。
ブログの記事のからとしまえん通いのイメージ持たれてるかもしれませんが、王禅寺のほうがとしまえんより来た回数が多いと思われます(ここのところは王禅寺:朝霞:としまえん=5:2:1くらいの釣行ペースでした)。

人と釣行して楽しかった上に、久しぶりに記事を書いたらヒートアップして、長くなりすぎました('A`)
オープンの朝6時からスタート。とりあえず超定番ポイント、イチロー池レストラン前でスタートしました。
朝は気温10℃以下と寒く、そのため魚も高活性だろうと思ってティアロ1.6gからスタート。バチャバチャと激しくライズしてるのが嘘みたいな、モゾっと触れるだけのバイトしか、しかもチラホラとしか出ません。
こりゃー思ったより表層っぽい、とすぐにティアロ1.3gに落として2カウント、じんわりとした巻き上げに元気なブルックがヒットしました。

image


そのまま惰性で2匹追加しましたが、相変わらず良いアタリが出ません。
隣で上司が「やっぱド表層だわー軽いの使いなよー」と言いつつウィーパー0.9gでサクっと釣りましたが、開始30分でアンダー1gまで落とす勇気が持てず、gdgdしてるうちに上司と3本早掛け勝負をすることになりました。

開始後に速攻で1匹釣られて、(こりゃホントに表層オンリーっぽいぞ)とティアロ0.7gにチェンジ、サクっと2匹釣ってリーチ、上司もダブルヒットで1匹釣って並びました。
ここら辺で朝8時前。明確なバイトが減って、レンジも若干落ちた感じ。高反応タイムが終わりつつありました。それならばと1.3gに戻して5カウントより上くらいを集中して探るもののスカン。朝一番から同じカラーのウィーパーを引っ張っていた上司が表層の魚を釣って3本達成、負けました。上司はいつも全然ルアー変えないんですよねぇ。俺が4つ変えてもようやく1回変えるか変えないか。
勝負の世界ではルアーチェンジのタイミングは生命線ですし、たいした判断力のないうちはあまりルアーを変えない方がいいのかもしれません。迷走しちゃいます。
敗者への鞭打ちはしっかり150円のソルティーライチでした。

勝負のあとは0.7gをまったりと引っ張って、サブロー池に移動して、また0.7gをまったりと引っ張ってゆっくり釣って10匹ちょい。表層に反応あるしミッツSRdryも・・・と思いましたが、イチローでもジローでもいろいろ試して、しかし乗るようなアタリが出なかったのですぐやめました。

9時半頃。放流車が来ました。
サブローの放流は小規模ポンドらしく効きやすいのと、マッディーウォーターでスレにくいのとで(朝霞って秒速でスレますよね)結構放流取りの練習になります。アウトレットを挟んで陣取り、15分を1セットで釣り座を交代して、30分の勝負をすることにしました。

最近ティモンから浮気気味で(別にテスターでも何でもないので拘りは捨てた)、最初はとりあえずNOA-Bのオレ金からスタート、2投して触り無し。やっぱりレンジは上っぽいですね。ティアロ1.3gの赤金ヤマメに変えるとバイトがありましたが、ちっともキャッチできません。
隣でNOA-Jr.を巻いてた上司が1匹キャッチした時点で残りは5分。ロッドをロックオン+フロロに変えたら、同じ赤金ヤマメでサクっと釣れましたが結局追加はできずに時間切れ。1-1で並び、釣り座を交代して次のセットに。

相変わらず浮いてる魚は見えないため放流前に使った0.7gは洋梨だし、前半で釣れた赤金の反応も芳しくないし、ちょっと下で微妙に高活性になっているであろう残存に狙いを絞って2セット目をスタートしました。
1.3gのヨネスティブラウンで1投目、サクっとヒットしてリード・・・と思ったら上司にもヒット、共にキャッチ。しかし続きません(1投目だけは高反応という例のあれですね)。
上司が最近「寺はグリメタが効く」と力説してやまないので、せっかくだし試してみようとビギナーズラック1.3gのグリメタ(裏金)を投入。なんとガツーン!!とびっくりするようなバイトが。これだ!と投げ続けても、しかしあまり連続ヒットはなく、結局5-5で並んでタイムアップ。
となれば!!1本早掛けサドンデスに突入!
お互い1バラしが入ってかなりヒートアップしましたが、結局負けてしまいました。勝負のあとで上司の釣り座へ移動して、2投連続キャッチしちゃったあたり、なんとも複雑な気分。

その後は6時間券の終了時刻の12時までサブロー池にて上司と二人揃ってミノー練習としてまったりと釣りしましたが、キャスト時にエイトスナップからすっぽ抜けたZAGGERが池の彼方へすっ飛んでいきました。わけがわからないよ・・・
オレンジの背中がいつまでもプカプカ浮いているのが見えましたが、風の向きはコロコロ変わるし周りに回収機持ってる人もいないので諦めました。無念。
今までほとんど使ったことがありませんでしたが、ミノーの釣りは面白いですね。ジャークもトゥイッチも猛烈なバイトをしてくるのが見えます。あまり数は伸びなかったですが・・・

さて、予定通り3時間延長して再びイチロー池で釣りを再開しました。やっぱり人が多いです。
しかしなぜかレストラン前に誰もいなかったため、上司ともども二人で並んで入れました。イチローはサブローよりも魚が浮いているのがよく見えるため、表層を攻めまくりますがパターンというほど釣れませんでした。
マイクロスプーンを少し沈めて巻いてくると表層の魚が沈んでルアーを見に来たので、意外と足元のブレイクは春でも有効かも、とT-グラベルをずる引くとガンガンとバイトが。
(蛇足:知らない人は知らないかもしれませんが、イチロー池とジロー池は足元のちょい先から凄まじい傾斜で、一気に4mまで至ります。
この傾斜には確実に魚がつく場所として、冬の大会では沖の表層と共に重要ポイントだったりしました。大会は惨敗でしたが^q^)

ずる引きで1匹キャッチしたところで上司を見ると、なんとその手には以前私から勝負で奪い取ったパニクラが・・・まさかボトムノックするのかと思ったら本当にボトムノックしてる・・・あっさり釣ってる!?
ここまで一日中、魚が見えやすい上にそれなりに反応があってしまうため、上から1/3ないし1/4ばかり攻めていて、上司も私も下はノータッチでした。バイト数に対してフッキング率がよろしくないためT-グラベルはやめて、パニクラDRにチェンジ。一気に底まで潜らせてファスト気味で巻いてくると・・・釣れる!

image


パニクラはSR/MR/DRと各5個ばかり持っていますが、普通に巻いたらまぁ普通に釣れるなー程度で、「かなり釣れるルアー」というイメージは今日初めて持ちました。
周りを見ても、豆使い以外はみんな竿立てて表層を攻めています。そんな中ニーニングで早巻きして釣りまくる二人はかなーり異質な存在だったのでは・・・
そんなわけで残り2時間で15匹ばかり釣って、パニクラorボトムクラピー限定3本早掛け勝負にも勝って、満足して1日を終えました。
ついでに帰りに釣具屋に寄って、キュームのオレ金とグリメタを買ったのでした。満足。


本日の釣果:40匹ジャスト

ミノーやってるときにカウンター何回か押し忘れた気がしますが、まぁ暑かったし多からず少なからず、こんなもんでしょう。
普段通りサブローの放流だけで20匹くらいは堅いと思っていましたが、春の訪れと共にまた魚の動きが変わってきてますね。今の時期は雨降る直前くらいまで曇ってるくらいでちょうどいいです。

春といえば桜パターンが試せなかったのが心残り。
午後のイチロー池の、我々が釣りをしていた場所の対岸にはたくさん桜の花びらが降り注ぎましたが、ボイルというよりもはやナブラ状態で魚がバシャバシャやってました。
しかしあんま釣れてる人はいなかっただけに、アレはアレで難しいのでしょう。

新たに追加したタックルには、ここ4回ばかりの釣行はPEラインをセットしておきましたが、合わないのでナイロンに戻します。
アタリを弾くのがストレスでたまらないのと、あそこまでどぎつい感度はいらないのと、PEでないと掛けられないと感じたシチュエーションが少なかったのが大きいです。
ミノーやトップにはよろしいですが、ボトムスプーンやボトムプラグの出番がどんどん減っていく時期ですし、自分の巻きの釣りには合いません。とりあえず使わないリールに巻いてストックしよっと。

そういえば今日はサブロー池でDRIVEの新氏が某誌の取材を(新連載だとか)、イチロー池でMAX田中氏がなんかの動画の撮影をしていました。二人がどういう釣りを組み立てたのかが気になるところです。

記事が長くなりすぎましたね。
ちゃんと前回の宣言通り更新いたしました。
ジロー池でちっとも写真撮らなかったので、文字ばかりでなんとも味気なくなってしまったのには反省。
しかし書き始めると止まらなくなるあたり、困ったものです。
三日坊主は、よくない。

image


【使用タックル】
相変わらず道具だけは一人前。

*その1
 ラグゼストーリア トーナメントスペック 60UL-FAST
 ヴァンキッシュリミテッドエディション C2000HGS
 山豊PEエリア0.3号+ナイロン2.5lb 3m

*その2
 シンクロナイザーロックオン(グリップ改) 6.4ft
 ヴァンキッシュリミテッドエディションC2000HGS
 トラウティストエリアLE.FC 1.5lb

*その3
 ラグゼストーリア トーナメントスペック 62UL-REGULAR
 レアニウムCI4+ C2000S
 タックルアイランドオリジナルナイロン 2.5lb