また3ヶ月弱も放置していました。

完全に気が向いたときと釣果に恵まれた時にだけ更新するブログと化しています。本当に(ry

更新をサボっていた間に王禅寺のサブローで6時間で100匹釣ったり、と思ったら朝霞ガーデンであわや時速2匹になりかけたり、ミックスポンドのオープンしたすそのFPに後輩たちと出向いて、結局リバーエリアに引きこもって100匹釣ったりとかしてました。しかし6月も半ばを過ぎればトラウトは本格的にオフシーズン。
どこの管釣りに行っても悶絶するのが見え見えなため、今シーズンのトラウトには見切りをつけ、しばらくぶりにバスを再開することにしたのでした。
トラウトに飽きただけ、なんて口が裂けても言えません。でもシンクロナイザーウィローがとても欲しいです。誰か買ってください。



というわけで昨日はバス釣りに行って参りました。
電車アングラーが降りたったのは東京は赤坂見附の弁慶フィッシングクラブ。
ビルのド真ん中でバス釣りができるということで、都内に住んでるバサーにはお馴染みのちょっとした有名フィールドです。苔富が最後に訪れたのは恐らく高校2年生のとき、7年くらい昔のことだったと思います。
ちなみに当時はちっとも釣れませんでした。ヘタクソすぎました。

しかし弁慶に行かなかった間に色々と経験を積み、満を持して?リベンジ。昔より圧倒的にウィードが大繁殖しており、もはや別の池と化していました。しかし今回の釣行以前に、6月になってから2回釣行して35cm31cm34cmとキャッチできたため、なんとなく攻略法も見えてきたかなぁと思ったのですが・・・

前日の大雨のせいで朝から昼までとにかく低活性でした。朝10時から出船して前半はノーバイトに悶々としてました。
一度だけウィードエッジを通したブレイクブレードにバイトがあったもののトラウトのクセで巻きアワセしてしまい、ファイト中にバラし。間違いなく40はありました・・
巻物も竿を起こしてしっかりアワセるのを体に染み着かさせねばなりません。

ウィードに拘って思うようにいかなかったので、後半はレイダウンとオーバーハングを中心に攻めました。2時頃から周りもぽつぽつ釣れだした様子。
ウィードエッジとオーバーハングが絡むエリアに自作のスモラバ2.1g+ビバサターンをフォールさせていくと、バスが横からかっ飛んできてパクっ!

ベイトフィネスの利点を活かしてウィードに巻かれる前に速攻ランディング。上がってきたのは45cmのナイスバスでした。

image


写真撮るときはちゃんと尾開きしましょう。今は反省している。おなかは凹んでるけど体高がやばい。池面さんでした。
かなーり久しぶりに大きめのバスを釣り大満足。
空腹で死にそうだったので1時間くらいまったり流して、4時半には納竿して帰路に就いたのでした。
またこよっと。

しかし相変わらず文章量の割に写真が少ないですね。学習してません。

【使用タックル】
*その1
ブロンザーS60UL
レアニウムCI4 2500S
バニッシュレボリューション3lb

*その2
ブロンザーC68ML
13メタニウムHG+夢屋BFSスプール
バニッシュレボリューション8lb

*その3
ラグゼカマー676
05メタニウムXT
SHナチュラル16lb



image


(おまけ。すそのミックスポンドにて)