countUP!

あんま釣れない残念アングラーの、備忘録的釣行記。
東京よりトラウトメインで、ゆるりと参ります。

2014年07月

番外編 相模湖

image


ブログの上に「トラウトメイン」と書いてあるが果たして本当にそうだったのかわからなくなってきたでござるの巻。
先日は一人で相模湖へ行きました。
詳細にレポートを書くのにも疲れてきたのでかいつまんで。

サイト、不発。スモラバ、不発。虫、不発。カバーテキサス、ショートバイト1回。
午後からソウルシャッドを竹杭に当ててのリアクションで20~30cmを7匹。
コンディションは良好で、どれもきれいな魚ばかりでした。

image


エレキの釣りが快適すぎて弁慶に行くのがおっくうになりそう。
昔はフットコンなんて借りる金もなかったし、操船もできなかったし、釣りも下手すぎたのでいろいろと残念でしたが、今回はちょっとはマトモな釣りができたと思います。
久々に巻きでバスが釣れて、気持ち的には河口湖や弁慶堀よりも楽しかったです。また行きます。
次はエンジンも借りて行動範囲を拡大しましょうかねぇ。今回は上流域オンリーだったので本湖に興味あり。
ついでに魚探も借りてドラッギングもしてみたいかな。


もうひとつかいつまんで。
写真がありませんでしたが、ちょっと前に学生時代の先輩のシュベルトさんのガイドで、千葉野池巡りに行きました。
デカバス実績のある池は不発でした。苔富1バイト、先輩1バラし。
移動後の池でタイニーブリッツMRで15cmくらいのバスを4匹釣りました。
先輩はバス2匹とチビ雷魚2匹でした。
最近はボートのバス釣りばかりですが、オカッパリはオカッパリでまた楽しいです。先輩また誘ってください。

番外編 河口湖

先日は上司と先輩と3人で、河口湖へバス釣行しました。
バスボート借りてタレックスも携えて、気合い十分で挑みました。

朝5時にボート屋の湖波から出船。
桟橋周辺のウィードをスモラバ+豚うなぎで探るとあっさりギルが釣れましたが反応はいまいち。そのままロイヤルワンドを目指して岸沿いを撃っていきます。
オイルフェンス手前のウィードエリアでソウルシャッドを巻き巻きしていたらガツンと大きなバイトが。エラ洗いしたときに見たところ30くらいだったと思いますが、甘いアワセからのリールゴリ巻きをしてしまい、あっさりバラし。
前回の弁慶でもブレイクブレードで同じようなポカをやらかしてましたね。結局コイツが泣きの一匹になろうとは・・・

ロイヤルワンド手前の桟橋エリアで、先輩がワスプを使って34cmと15cmを2投連続でキャッチ。遊覧船の船尾のくぼみに潜んでいたようでしたが、その2匹だけで後が続きませんでした。
その後たどり着いたロイヤルワンドの溶岩帯はブレイクラインをスモラバで探っていきました。
1.3gでボトムをとって、縦捌きのスローフォールでボトムを小突く苔富お得意のフィネススタイル。ラインスラックとテンションのコントロールは我ながらそれなりに得意だと思っています。
そんなこんなでプルプルと震えるギル?というようなバイトから上がってきたのは超ロリバスでした。

image



とりあえず坊主逃れ。一安心して再度スモラバを投入して、同じようなサイズを追加しました。
この時点で朝マズメは終わり、また朝イチは良い感じに曇っていたのが晴れ渡り、一転強い日差しに。
無生命感が漂ってきたロイヤルワンドから一気にエンジンで移動して信号下、大石、さかなやワンド、鵜の島沖のウィードエリアと堅そうなポイントをじっくり探るも数回チェイスがあったのみでノーバイト。
信号下で11gラバジに大きめのバイトがありましたがフッキングせず、この1バイトのみで15時前に納竿となりました。

終盤にボート屋近辺に40UPが5匹ほどまとまって浮いているポイントかありました。チェイスのみでバイトに持ち込めませんでしたが、このときはタレックスの威力が存分に発揮されました。
同船している二人もそれなりのお値段の偏光を使っていましたが、彼らが見つけられない魚を見つけることが非常に多かったのです。
結局釣れなきゃ意味がないんですが、思い切って度付きタレックスを作って良かったです。
今回は残念な結果で終わりましたが、タレックスを使うだけでも釣果は伸びると確信したのでした。

河口湖はワーム禁止フィールドということで、アプローチの方法がいろいろと限定されてしまって辛いですね。
弁慶堀の方が釣りをしていてしっくりくるので、次の河口湖釣行はしばらく先でしょう。
とりあえずデコんなくて良かった。


【使用タックル】
*その1
ブロンザーS60UL
レアニウムCI4 2500S
バニッシュレボリューション3lb

*その2
ブロンザーC68ML
13メタニウムHG+夢屋BFSスプール
バニッシュレボリューション8lb

*その3
ラグゼカマー676
05メタニウムXT
SHナチュラル16lb


image


(ロイヤルワンドから信号下へ移動中の一枚。)

度付きタレックス購入!

モノ系記事は初めてですね。
今回は一生モノだと自分に言い聞かせて、思い切って先日購入した度付きタレックスのインプレです。

そもそもお話しとして。
私は強度の近視+中度の乱視です(右0.04・左0.06くらい)。メガネなしでは生活できません。コンタクトレンズは凄まじいドライアイのため使うことができず、またいい加減な性格のため、間違いなく付けたまま寝るという自覚もあって、こんなチープなクリップ式偏光を長らく使っていたのでした。


image


写真のものは1500円くらいだったと思います。
まぁそれなりに見えました。
1年ほど前まで静岡にいた頃はもっぱら夜釣りのライトソルトがメインで、偏光の需要は低めでしたが、東京に戻ってきてからは夜釣りには一切行かなくなったため、一気に偏光の必要性が高まり・・・
しかし手持ちのクリップ偏光では、太陽を背にしたときに光がレンズに反射して眩しいのと、視野が凄まじく狭いのと、見た目が最悪(超重要)なのとで、ついに我慢できず度付き偏光の購入に踏み切ったのでした。

インナーフレームの偏光も検討しましたが、視界の狭さが気になるのと、釣り人に評判の良いインナーフレーム偏光がなかったため、選択肢から脱落。
また、最近ちょっと有名らしいZoff Fishingも候補にありました。レンズ3色付属&ワンタッチで付け替え可と、非常に魅力的でしたがあまり気が進まず(意味不明)却下。
もうこの際だから思い切って度を入れれば間違いないだろう、ということで結論づけしました。

しかし釣り歴は長くとも私は偏光に関しては完全にトーシロ。しかも強度。釣り人に評判のタレックス以外にもコダックやオークリーほか、レンズメーカーも複数あり、できるから複数からベストな選択肢を探したい、ということで、家からも電車で20分足らずのイワキメガネ渋谷店さんに訪れたのでした。
度を測ってレンズメーカー、レンズカラーを決めてフレーム選び。しめて3時間ほどお店にいてしまいました。1年前にZoffでメガネを作ったときとは丁寧さが段違いでした。
結局複数のメーカーからタレックスレンズとオークリーフレームに決まり、製作に2週間かかりました。
レンズカラーは最後までアクションコパーとトゥルービュースポーツで悩みましたが、違和感を極力減らして眼の負担を和らげるということで、トゥルービュースポーツに決まり。
フレームはレイバンの6カーブもので、お店にある中で顔に一番合っていたのがありましたが、カーブと予算に負けて断念。ちょっと心残りでした。
そして受け取ったモノがこちら。


image


トゥルービュースポーツ+クロスリンク レンジ!!
世界に一つしかない私専用の偏光グラスです(度が入ってるから当たり前)。
フレームはスポーツ用サングラスメーカーとして名高いオークリーの、スポーツ用のメガネフレーム。
メガネフレームですが偏光レンズを入れてもまったく問題ないということと、スポーツ用サングラスの6・8カーブフレームに度を入れると厚くなりすぎるし視界が歪みすぎるということで、4カーブのクロスリンクに決まったのでした。また、レンズの収まりを考慮して球面レンズを採用しました。
レンズの素材ですが、朝マズメから日没まで、釣り場で12時間かけ続けても疲れを極力軽減するために、レンズが厚くなる(つまり重くなる)カッチュウは断念。また、見えやすさを最大限追求するために、視界が若干暗くなるミラーコートも断念。高屈折レンズのハードマルチコートになりました。
クロスリンクに関しては先人の方々がいろいろとレビューしてくれていると思いますので、気になる方はググってみてください。


image


レンズの収まりは良好。フレームのデザインも手伝って、ブ厚い右レンズでも外観上の違和感はありません。非常に格好良くできたと思います。
気になるお値段ですが・・・5.8万円で作ることができました。予算6万だったので本当にギリギリです。

さて、とりあえずかけてみて最初の印象は。
球面レンズの違和感はありましたが極めてクリアで広い視界。特に視界の広さはクリップ偏光とは段違いです。
受け取るまで凄まじく気になっていた重さも、受け取ってみたらまったく気になりませんでした。普通にメガネをかけているのと同じ感覚です。
あと、思ってたよりレンズが茶色かったですが、これは今までの偏光が超ダークグレーであったことから抱いた違和感でした。
そのままかけているとすぐ慣れて、1時間と経たずに偏光をかけていること自体を忘れます。視界の広さのおかげでしょう。
これだけで大満足です。

実釣してのレビューは、先日このタレックスを携えて河口湖へバス釣行しましたので、後ほど投稿するそちらの記事にて。

弁慶堀 1発目

また3ヶ月弱も放置していました。

完全に気が向いたときと釣果に恵まれた時にだけ更新するブログと化しています。本当に(ry

更新をサボっていた間に王禅寺のサブローで6時間で100匹釣ったり、と思ったら朝霞ガーデンであわや時速2匹になりかけたり、ミックスポンドのオープンしたすそのFPに後輩たちと出向いて、結局リバーエリアに引きこもって100匹釣ったりとかしてました。しかし6月も半ばを過ぎればトラウトは本格的にオフシーズン。
どこの管釣りに行っても悶絶するのが見え見えなため、今シーズンのトラウトには見切りをつけ、しばらくぶりにバスを再開することにしたのでした。
トラウトに飽きただけ、なんて口が裂けても言えません。でもシンクロナイザーウィローがとても欲しいです。誰か買ってください。



というわけで昨日はバス釣りに行って参りました。
電車アングラーが降りたったのは東京は赤坂見附の弁慶フィッシングクラブ。
ビルのド真ん中でバス釣りができるということで、都内に住んでるバサーにはお馴染みのちょっとした有名フィールドです。苔富が最後に訪れたのは恐らく高校2年生のとき、7年くらい昔のことだったと思います。
ちなみに当時はちっとも釣れませんでした。ヘタクソすぎました。

しかし弁慶に行かなかった間に色々と経験を積み、満を持して?リベンジ。昔より圧倒的にウィードが大繁殖しており、もはや別の池と化していました。しかし今回の釣行以前に、6月になってから2回釣行して35cm31cm34cmとキャッチできたため、なんとなく攻略法も見えてきたかなぁと思ったのですが・・・

前日の大雨のせいで朝から昼までとにかく低活性でした。朝10時から出船して前半はノーバイトに悶々としてました。
一度だけウィードエッジを通したブレイクブレードにバイトがあったもののトラウトのクセで巻きアワセしてしまい、ファイト中にバラし。間違いなく40はありました・・
巻物も竿を起こしてしっかりアワセるのを体に染み着かさせねばなりません。

ウィードに拘って思うようにいかなかったので、後半はレイダウンとオーバーハングを中心に攻めました。2時頃から周りもぽつぽつ釣れだした様子。
ウィードエッジとオーバーハングが絡むエリアに自作のスモラバ2.1g+ビバサターンをフォールさせていくと、バスが横からかっ飛んできてパクっ!

ベイトフィネスの利点を活かしてウィードに巻かれる前に速攻ランディング。上がってきたのは45cmのナイスバスでした。

image


写真撮るときはちゃんと尾開きしましょう。今は反省している。おなかは凹んでるけど体高がやばい。池面さんでした。
かなーり久しぶりに大きめのバスを釣り大満足。
空腹で死にそうだったので1時間くらいまったり流して、4時半には納竿して帰路に就いたのでした。
またこよっと。

しかし相変わらず文章量の割に写真が少ないですね。学習してません。

【使用タックル】
*その1
ブロンザーS60UL
レアニウムCI4 2500S
バニッシュレボリューション3lb

*その2
ブロンザーC68ML
13メタニウムHG+夢屋BFSスプール
バニッシュレボリューション8lb

*その3
ラグゼカマー676
05メタニウムXT
SHナチュラル16lb



image


(おまけ。すそのミックスポンドにて)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 釣れづれなるままに。近況?