countUP!

あんま釣れない残念アングラーの、備忘録的釣行記。
東京よりトラウトメインで、ゆるりと参ります。

雑記

気が付いたら1年経っていた

自分のブログの存在すら忘れていました。

15-16シーズンのトラウトは、3rd以来にモンハンにドハマりしたせいでほぼまったく行きませんでした。
釣行回数5回以下かと思われます。
トラキンも.comも出ませんでした。
たぶん熱意が枯れました。飽きっぽいんです。


春先からはバスばかり。
弁慶には一度も行かず、相模湖オンリーでした。

image

image

小さいのはいくらでも釣れます。

image

身内でプチ大会もやったり。

imageimage

時々スピナベやフットボールなんかでハメたり。
しかし今年は未だに40upがとれません。



相変わらず休みが少なく、思うように釣りに行けない分だけ道具は増えました。
1年で買ったと思われる道具たち。

テクナPMX TPMX-68CMJ
テクナGP TAV-GP64CMJ
テクナGP TAV-GP62SLJ
ゴールデンウィングツアーエディションGWT-61SULJ
ゴールデンウィングツアーエディションGWT-63SLJ

スティーズSV TW1016H
16アルデバランBFS XG(LH)
01カルカッタコンクエスト100
12ヴァンキッシュ2000S
コンプレックス2500HGS F4

_人人人人人人人人人人人_
> 驚異のフェンウィック率 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


1年ぶりに更新したのに中身が薄い。きっと道具自慢したかっただけです。

釣りに行きたいです・・・

9月の頭に上司と相模湖に行きました。2バラしして結局でデコりました。
それ以降釣りに行けていません。
最近仕事が忙しくなって、釣行回数が減りそうです。

朝晩は寒くなってきましたね。そろそろトラウトシーズンですね。
オフシーズンの間はバス漬け、と思わせるような記事ばかりでしたが、実はトラウトロッドとリールが増えていました。

アイビーライン シンクロナイザーウィロー
ジャクソン 虎豹
04ステラ1000PGSDH

ウィローを買った直後に虎豹を上司から激安で買いました。買うつもりゼロでしたが、気づいたら持っていました。おかげでリールが1台足りません。
追加するならヴァンキッシュ一択。シーズンインする前に買いたいですねぇ・・・。そしたらロッド5本になりますね。
フュージョンは買えないので竿立造にしようかな。

プレッソロッドスタンドの増設キットがいつ出るのかわからないのがいけません。
道具を持て余すヘタクソの巻。

度付きタレックス購入!

モノ系記事は初めてですね。
今回は一生モノだと自分に言い聞かせて、思い切って先日購入した度付きタレックスのインプレです。

そもそもお話しとして。
私は強度の近視+中度の乱視です(右0.04・左0.06くらい)。メガネなしでは生活できません。コンタクトレンズは凄まじいドライアイのため使うことができず、またいい加減な性格のため、間違いなく付けたまま寝るという自覚もあって、こんなチープなクリップ式偏光を長らく使っていたのでした。


image


写真のものは1500円くらいだったと思います。
まぁそれなりに見えました。
1年ほど前まで静岡にいた頃はもっぱら夜釣りのライトソルトがメインで、偏光の需要は低めでしたが、東京に戻ってきてからは夜釣りには一切行かなくなったため、一気に偏光の必要性が高まり・・・
しかし手持ちのクリップ偏光では、太陽を背にしたときに光がレンズに反射して眩しいのと、視野が凄まじく狭いのと、見た目が最悪(超重要)なのとで、ついに我慢できず度付き偏光の購入に踏み切ったのでした。

インナーフレームの偏光も検討しましたが、視界の狭さが気になるのと、釣り人に評判の良いインナーフレーム偏光がなかったため、選択肢から脱落。
また、最近ちょっと有名らしいZoff Fishingも候補にありました。レンズ3色付属&ワンタッチで付け替え可と、非常に魅力的でしたがあまり気が進まず(意味不明)却下。
もうこの際だから思い切って度を入れれば間違いないだろう、ということで結論づけしました。

しかし釣り歴は長くとも私は偏光に関しては完全にトーシロ。しかも強度。釣り人に評判のタレックス以外にもコダックやオークリーほか、レンズメーカーも複数あり、できるから複数からベストな選択肢を探したい、ということで、家からも電車で20分足らずのイワキメガネ渋谷店さんに訪れたのでした。
度を測ってレンズメーカー、レンズカラーを決めてフレーム選び。しめて3時間ほどお店にいてしまいました。1年前にZoffでメガネを作ったときとは丁寧さが段違いでした。
結局複数のメーカーからタレックスレンズとオークリーフレームに決まり、製作に2週間かかりました。
レンズカラーは最後までアクションコパーとトゥルービュースポーツで悩みましたが、違和感を極力減らして眼の負担を和らげるということで、トゥルービュースポーツに決まり。
フレームはレイバンの6カーブもので、お店にある中で顔に一番合っていたのがありましたが、カーブと予算に負けて断念。ちょっと心残りでした。
そして受け取ったモノがこちら。


image


トゥルービュースポーツ+クロスリンク レンジ!!
世界に一つしかない私専用の偏光グラスです(度が入ってるから当たり前)。
フレームはスポーツ用サングラスメーカーとして名高いオークリーの、スポーツ用のメガネフレーム。
メガネフレームですが偏光レンズを入れてもまったく問題ないということと、スポーツ用サングラスの6・8カーブフレームに度を入れると厚くなりすぎるし視界が歪みすぎるということで、4カーブのクロスリンクに決まったのでした。また、レンズの収まりを考慮して球面レンズを採用しました。
レンズの素材ですが、朝マズメから日没まで、釣り場で12時間かけ続けても疲れを極力軽減するために、レンズが厚くなる(つまり重くなる)カッチュウは断念。また、見えやすさを最大限追求するために、視界が若干暗くなるミラーコートも断念。高屈折レンズのハードマルチコートになりました。
クロスリンクに関しては先人の方々がいろいろとレビューしてくれていると思いますので、気になる方はググってみてください。


image


レンズの収まりは良好。フレームのデザインも手伝って、ブ厚い右レンズでも外観上の違和感はありません。非常に格好良くできたと思います。
気になるお値段ですが・・・5.8万円で作ることができました。予算6万だったので本当にギリギリです。

さて、とりあえずかけてみて最初の印象は。
球面レンズの違和感はありましたが極めてクリアで広い視界。特に視界の広さはクリップ偏光とは段違いです。
受け取るまで凄まじく気になっていた重さも、受け取ってみたらまったく気になりませんでした。普通にメガネをかけているのと同じ感覚です。
あと、思ってたよりレンズが茶色かったですが、これは今までの偏光が超ダークグレーであったことから抱いた違和感でした。
そのままかけているとすぐ慣れて、1時間と経たずに偏光をかけていること自体を忘れます。視界の広さのおかげでしょう。
これだけで大満足です。

実釣してのレビューは、先日このタレックスを携えて河口湖へバス釣行しましたので、後ほど投稿するそちらの記事にて。

世はこれを三日坊主と呼ぶ

放置しまくりでした。
書いた記事が3回連続で投稿直前に消えたのがいけない。

とかいう言い訳はおいといて。
無更新の間に高滝のバス釣行が1日ノーバイトで終わったり、亀山のバス釣行が1日ノーバイトで終わったり、すそので後輩たちと楽しい時間を過ごしたり、管釣り.com戦初出場で惨敗したり、後輩の竿選び&爆風としまえん釣行したり、朝霞で悶絶したり、開成でミノーでシコシコしたり、雨の降る王禅寺で爆って6時間弱で75匹釣ったり、デジカメ買ったり、タックルもひとつ増えたりしました。

次の釣行からはまたちゃんと更新したいな。
完。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 気が付いたら1年経っていた
  • 釣れづれなるままに。近況?